コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス6世 マグヌスろくせいMagnus VI Eriksson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス6世
マグヌスろくせい
Magnus VI Eriksson

[生]1316
[没]1374.12.1.
ノルウェー王 (在位 1319~55) ,マグヌス2世としてスウェーデン王 (在位 1319~56,1359~64) 。7世とも数えられる。ノルウェー王ホーコン5世の娘とスウェーデン王弟エーリック・マグヌッソンとの子。摂政制のもとで幼時に2国の王となった。 1332年以後親政。息子の一人ホーコン6世にノルウェー王位を譲り,みずからはスウェーデンの王位にとどまったが,1356年別の息子エーリックを擁する貴族に追われ,1359年エーリックの死によって復位,1364年再追放。デンマーク軍との戦いで捕虜となり,1371年ノルウェーへ亡命。王の死によりフォルクング王家は滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マグヌス6世の関連キーワードアルベルトマグヌス北欧史在位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android