コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス6世 マグヌスろくせいMagnus VI Eriksson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス6世
マグヌスろくせい
Magnus VI Eriksson

[生]1316
[没]1374.12.1.
ノルウェー王 (在位 1319~55) ,マグヌス2世としてスウェーデン王 (在位 1319~56,1359~64) 。7世とも数えられる。ノルウェー王ホーコン5世の娘とスウェーデン王弟エーリック・マグヌッソンとの子。摂政制のもとで幼時に2国の王となった。 1332年以後親政。息子の一人ホーコン6世ノルウェー王位を譲り,みずからはスウェーデンの王位にとどまったが,1356年別の息子エーリックを擁する貴族に追われ,1359年エーリックの死によって復位,1364年再追放。デンマーク軍との戦いで捕虜となり,1371年ノルウェーへ亡命。王の死によりフォルクング王家は滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マグヌス6世の関連キーワード遺児王遺腹王ゲディミナス北条高時小島法師小島法師宇津神社クボタカール郭守敬

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone