コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサダ遺跡 マサダいせきMasada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサダ遺跡
マサダいせき
Masada

イスラエルの死海南岸にある舟形の丘陵を利用した天然城塞遺跡。マセダともいう。死海文書の発見されたクムランの南 51kmに位置する。ハスモン家の支配者によって築かれ,前 35年にヘロデ大王が改築。のちにローマ軍駐屯地にも使われたが,66~73年の第1次ユダヤ戦争の最終期に,E.ベン・ヤイールの率いる女性,子供を含む 960人の熱心党員がたてこもって,エルサレム陥落後もローマ軍に抵抗し,降伏を嫌って全員集団自殺を遂げた。 1963年以降,Y.ヤディンの指導でヘブライ大学,イスラエル発掘協会などの協力のもとに,山頂のヘロデ王の浮城,行政庁舎,浴場,貯水池などとともに貴重なパピルス文書の断片が発掘された。 2001年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マサダ遺跡の関連キーワードパピルス文書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android