クムラン(英語表記)Qumran

世界大百科事典 第2版「クムラン」の解説

クムラン【Qumrān】

死海北西端の沿岸から約1kmにある遺跡で,ユダ王朝時代(前7~前6世紀)に要塞が築かれた〈塩の町〉(《ヨシュア記》15:62)と同定されている。この遺跡が急に有名になったのは,1947年にこの近くの洞穴から紀元前に書かれた完全な《イザヤ書》巻物写本がベドウィンの少年によって発見され,その後次々に同種の古代写本が周辺の洞穴群から発見されたからである。1951‐56年に,古い要塞の跡からこれら古代写本の所有者と思われる共同体の大きな建物の全構造が明らかにされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android