コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クムラン Qumran

世界大百科事典 第2版の解説

クムラン【Qumrān】

死海北西端の沿岸から約1kmにある遺跡で,ユダ王朝時代(前7~前6世紀)に要塞が築かれた〈塩の町〉(《ヨシュア記》15:62)と同定されている。この遺跡が急に有名になったのは,1947年にこの近くの洞穴から紀元前に書かれた完全な《イザヤ書》巻物写本がベドウィンの少年によって発見され,その後次々に同種の古代写本が周辺の洞穴群から発見されたからである。1951‐56年に,古い要塞の跡からこれら古代写本の所有者と思われる共同体の大きな建物の全構造が明らかにされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クムラン【Qumrān】

ヨルダン、死海北岸にある遺跡。付近の洞穴群から古代写本(クムラン写本)が多く発見された。キベルト-クムラン。 → 死海文書

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クムランの関連キーワードヨハネ(バプテスマのヨハネ)ゲザ ヴェルメシダマスカス文書十二族長の遺言十二族長の遺訓クムラン教団クムラン廃墟マサダ遺跡ヨベルの書渡辺 啓助エッセネ派聖書写本死海文書エノク書死海写本二元論メシア修道院

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android