コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシジミ マシジミ Corbicula leana

2件 の用語解説(マシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシジミ
マシジミ
Corbicula leana

軟体動物門二枚貝綱シジミ科。淡水貝。殻長 4cm,殻高 3.5cm,殻幅 2cmに達する。殻は三角形状で,殻頂部のふくらみはヤマトシジミほど強くない。殻表は成長肋が明瞭であるが,殻皮は黄緑色で光沢が鈍く,ところどころに焦げたような黒褐色の斑ができ,老成すると黒色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシジミ
ましじみ / 真蜆
[学]Corbicula leana

軟体動物門二枚貝シジミ科の二枚貝。本州、九州および朝鮮半島に分布し、純淡水の河川の砂泥底にすむ。殻長40ミリ、殻高35ミリ、殻幅20ミリに達し、殻は三角形状。殻表は輪脈が明らかで、殻皮は光沢が鈍く、黄緑色で、若いときは焼け焦げ様の小斑点(はんてん)があるが、老成すると全体が黒色を帯びる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマシジミの言及

【シジミ(蜆)】より

…軟体は白色であるが,出・入水管の先端は黒い。日本には胎生で淡水の河川にすむ類(マシジミ)と卵生で河口や潟の海水にすむ類(ヤマトシジミ)があるが,セタシジミは卵生であるが琵琶湖にすむ。プランクトンや浮遊有機物を食べ,夏に産卵する。…

※「マシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マシジミの関連キーワード軟体動物二枚貝類二枚貝磯蜆沖蜆溝蜆軟体類シジミ(蜆)二枚貝綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マシジミの関連情報