コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシニョン

百科事典マイペディアの解説

マシニョン

フランスの宗教学者,イスラム学者。パリ大学に学び,コレージュ・ド・フランス教授。イスラム神秘主義研究の大家で,主著は《ハッラージュの受難》《イスラム神秘主義術語起源試論》ほか。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マシニョン【Louis Massignon】

1883‐1962
フランスの宗教学者,イスラム学者。コレージュ・ド・フランスでイスラム思想史を担当した。シーア派のイスラム神秘主義に傾倒し,《ハッラージュの受難》(2巻。1922),《イスラム神秘主義術語の起源についての試論》(1922)を公刊した。以後多数の論文・論説を雑誌に発表したが,これらは後にベイルートで3冊本にまとめられた。熱烈なカトリック信者であるとともに各種宗教に関心と理解を示した。【矢島 文夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マシニョンの関連キーワードエラノス会議7月25日コルバン