コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスプラット James Muspratt

2件 の用語解説(マスプラットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マスプラット【James Muspratt】

1793‐1886
イギリス化学工業家。ダブリンに生まれ,スペイン半島戦争で反乱軍側に従軍し1814年帰国,その後青酸カリ(シアン化カリウム)などの薬品製造に携わった。23年ルブラン法による炭酸ソーダ製造技術を導入,リバプールソーダ工場を建て,28年アイルランドギャンブルJosaias C.Gambleとともにセント・ヘレンズに工場を増設,以後57年に業界を退くまでニュートンウィドネスフリントなど次々に製造所を設け,イギリスのアルカリ工業の基盤を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスプラット
ますぷらっと
James Muspratt
(1793―1886)

イギリスの化学工業家。ダブリンの生まれ。スペイン独立戦争(半島戦争)に参加したのち、1814年ダブリンに戻り、友人の化学者ケーンJohn R.Kane(1809―1890)の勧めで小さな化学工場を経営。1823年リバプールにルブラン法によるソーダその他の無機科学薬品を多角的に製造する工場を設立し、1828年にはセント・ヘレンズに新工場を増設、以後ニュートンにも新設した。しかし工場から出る塩酸ガスに抗議する農村地主の訴訟に悩まされ、工場をウィドネスとフリントに移した。
 イギリスの化学工業の基礎を築いた人物とされ、ドイツのリービヒとも親しく、3人の息子をギーセン大学に留学させ、科学技術者に育て上げた。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスプラットの関連キーワード工業化学重化学工業イギリスオランダ戦争イギリス巻イギリス組曲八谷泰造小野田化学工業協和化学工業水澤化学工業イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone