コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゼランペンギン マゼランペンギンMagellanic penguin

2件 の用語解説(マゼランペンギンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マゼラン‐ペンギン(Magellanic penguin)

マゼラン海峡、フォークランド諸島にすむ中形種のペンギン。全長約70センチ。目の上から喉(のど)にかけて白い帯があり、また胸部に馬蹄(ばてい)状の二黒帯がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マゼランペンギン
まぜらんぺんぎん
Magellanic penguin
[学]Spheniscus magellanicus

鳥綱ペンギン目ペンギン科の海鳥。全長約71センチメートルの中形種。南アメリカ南端の沿岸海域にすみ、島で集団繁殖する。多様な環境で営巣し、裸地では土中に浅い穴を掘って巣とし、2卵を産む。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマゼランペンギンの言及

【ペンギン】より

…一方,ケープペンギンSpheniscus demersus(イラスト),フンボルトペンギンS.humboldti(イラスト),ガラパゴスペンギンS.mendiculus(イラスト)の3種は温帯種で,温帯から熱帯に分布している。マゼランペンギンS.magellanicus(イラスト)は南アメリカの南端部にすむ。残りの9種は亜南極圏を中心とした寒冷な海域にすむが,そのうちキングペンギン(オウサマペンギン)Aptenodytes patagonicus(イラスト),ジェンツーペンギンPygoscelis papua(イラスト),イワトビペンギンEudyptes chrysocome(イラスト),マカロニペンギンE.chrysolophus(イラスト)は亜南極圏の島々に比較的広く分布する。…

※「マゼランペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マゼランペンギンの関連情報