コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マソ・ディ・バンコ マソ・ディ・バンコMaso di Banco

1件 の用語解説(マソ・ディ・バンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マソ・ディ・バンコ
Maso di Banco

1325~53年頃活躍したイタリアの画家。ジョット・ディ・ボンドーネの弟子。ジョットの死後の 14世紀前半におけるフィレンツェ派の最も重要な画家の一人で,その作品はフィリッポ・ビッラーニおよびロレンツォ・ギベルティの著作中にも記述されている。ジョッテスキのうちで師ジョットの目指していた方向を最もよく理解し,形像の塊量的把握,三次元的空間の深化・拡大という点でジョットの作風を継承発展させた。作品の数は少なく,直接の追随者もほとんどいない。彼の作風の継承者に出会うためには 2世代後のマサッチオピエロ・デラ・フランチェスカを待たなければならない。作品はフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂バルディ礼拝堂に描いた連作壁画『聖シルベストロの伝説』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マソ・ディ・バンコの関連キーワードイワンオレーム困学紀聞イワン・カリタオドリク建長寺船浄土寺水銀柱メートル村櫛荘安藤季長

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone