コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マソ・ディ・バンコ(英語表記)Maso di Banco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マソ・ディ・バンコ
Maso di Banco

1325~53年頃活躍したイタリアの画家。ジョット・ディ・ボンドーネの弟子。ジョットの死後の 14世紀前半におけるフィレンツェ派の最も重要な画家の一人で,その作品はフィリッポ・ビッラーニおよびロレンツォ・ギベルティの著作中にも記述されている。ジョッテスキのうちで師ジョットの目指していた方向を最もよく理解し,形像の塊量的把握,三次元的空間の深化・拡大という点でジョットの作風を継承発展させた。作品の数は少なく,直接の追随者もほとんどいない。彼の作風の継承者に出会うためには 2世代後のマサッチオピエロ・デラ・フランチェスカを待たなければならない。作品はフィレンツェサンタ・クローチェ聖堂バルディ礼拝堂に描いた連作壁画『聖シルベストロの伝説』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android