コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタニティーブルー maternity blues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタニティーブルー
maternity blues

妊娠期間中や出産直後に見られる,軽いうつ状態のことをいう。イギリス精神科医 B.ピットが名付けた。いらいらする,ちょっとしたことが気になる,すぐに泣く,寂しい,疲れやすい,無気力,不眠,食欲不振などの状態になる。ほとんどは一過性だが,なかには神経症うつ病など精神障害にまで進むケースもある。妊娠・出産でホルモンバランスが崩れたり,生活が一変することで精神的なストレスがたまることなどが原因。夫の理解と協力は不可欠で,周囲の温かい思いやりが必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マタニティー‐ブルー(maternity blue)

出産直後の女性が陥りやすい不眠・ふさぎこみなどの一過性のうつ状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マタニティーブルー【maternity blue】

妊娠中や出産直後の母親にみられる抑鬱よくうつや精神的に不安定な状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マタニティーブルーの関連キーワード産褥期の注意すべき症状と対策産褥期精神障害妊娠期間産後鬱母親

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マタニティーブルーの関連情報