寂しい(読み)サビシイ

  • ▽寂しい/×淋しい
  • さびし・い
  • さみし・い
  • さむし・い
  • 寂しい/×淋しい

デジタル大辞泉の解説

[形][文]さび・し[シク]《「さぶし」の音変化で、動詞「寂(さ)びる」に対応する形容詞》
心が満たされず、物足りない気持ちである。さみしい。「―・い顔つき」「懐が―・い(=所持金が少ない)」「口が―・い」
仲間や相手になる人がいなくて心細い。「一人―・く暮らす」
人の気配がなくて、ひっそりとしている。さみしい。「―・い夜道」
[派生]さびしがる[動ラ五]さびしげ[形動]さびしさ[名]
[形][文]さみ・し[シク]さびしい」の音変化。
「生まれて初めて―・い正月をしました」〈蘆花思出の記
[補説]近世以降、「さびしい」「さみしい」両形用いられてきたが、現在は放送用語などで「さびしい」を標準形とする。
[派生]さみしがる[動ラ五]さみしげ[形動]さみしさ[名]
[形][文]さむ・し[シク]《「さぶし」の音変化》さびしい。
「たった一人で―・くって堪らないから」〈漱石行人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂しいの関連情報