コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無気力(読み)ムキリョク

デジタル大辞泉の解説

む‐きりょく【無気力】

[名・形動]何をする気力もないこと。やる気のないこと。また、そのさま。「無気力な(の)学生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むきりょく【無気力】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気力のないこと。進んで何かをしようとする意欲のないこと。また、そのさま。 「 -から立ち直る」 「 -な負け方」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無気力
むきりょく
helplessness

人間は、どんなに努力しても期待する結果が得られなかったり、自己の行動とは無関係に物事が推移しているとわかったりすると、否定的な心理状態に陥り、行動の意欲が減退する。この状態を無気力または無力感という。無気力は、心理学的には、統制可能性と予測可能性の2概念が関与していることが知られている。統制可能性とは、物事の成功や失敗が自分自身で統制できると認識するかどうかを表す概念で、成功や失敗が自分の統制外の要素、たとえば偶然や運などで決定されているとみなすと、無気力になりやすい。予測可能性とは、物事の生起を事前に知るための手掛りを得ているかどうかの概念で、人間は、たとえ統制不可能であっても、不測の事態や不快な事柄がどのように起こるかをあらかじめ知っていれば、情緒的な混乱を少なくすることができ、無気力な状態を減らすことができるのである。
 無気力に陥らない、すなわち効力感をもち、充実した生活を送るための要件は、物事を統制する主体者は自分であるという感覚をもつこと、相互に認め合えるような仲間をもつこと、物事に熟達するよう自分を高めること、などが指摘されている。[岸 学]
『波多野誼余夫・稲垣佳世子著『無気力の心理学』(1981・中公新書) ▽水口禮治著『無気力からの脱出』(1985・福村出版) ▽加藤諦三著『「やる気がでない人」の心理学』(2009・PHP研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無気力の関連情報