マダラの騎士(読み)マダラのきし

百科事典マイペディアの解説

マダラの騎士【マダラのきし】

ブルガリア,バルカン山脈の西部,シューメン近郊の山中にある岩壁画。高さ20mあまりもある岩壁に浮き彫りにされた巨大な騎士像で,馬に乗った騎士が左手にワイングラスをもち,犬を従えて,ライオンを踏みつけている図が描かれている。そばにギリシア語で刻まれた碑文があり,705年−831年の出来事が記されている。当時は第1次ブルガリア帝国が栄えた時代で,ビザンティン帝国に対するブルガリア帝国の戦勝を記念してつくられたとみられる。1979年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android