マティアス ゲルネ(英語表記)Matthias Goerne

現代外国人名録2016の解説

マティアス ゲルネ
Matthias Goerne

職業・肩書
バリトン歌手

国籍
ドイツ

生年月日
1967年

出生地
東ドイツ・ワイマール(ドイツ)

学歴
ライプツィヒ音楽大学

経歴
ライプツィヒ音楽大学で学び、ベルリンでD.フィッシャー・ディスカウに師事し、リート歌手としてデビュー。ピアニストのアシュケナージ内田光子ブレンデルエッシェンバッハ、指揮者のアバドブーレーズ、ノリントン、ハイティンクなどと共演を重ねる。1997年オペラ「魔笛」のパパゲーノ役でザルツブルク音楽祭にデビュー、聴衆の絶賛を浴びる。’99年カーネギーホールにデビュー。シューベルトの3大歌曲集「白鳥の歌」「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」などを得意とする。ドイツ・リート(ドイツ歌曲)界の第一人者で、シュワルツコプ、フィッシャー・ディスカウの後継者として注目を集める。オペラへの出演は比較的少ないが、チューリヒと日本で歌ったヴォツェックは高い評価を得た。2003年初の来日公演。2009年シューマンがメーンの来日公演を行う。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報