コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドゥラ語 マドゥラごMadurese language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドゥラ語
マドゥラご
Madurese language

インドネシアのジャワ島東部からマドゥラ島にかけて使われている言語で,オーストロネシア語族の一つ,インドネシア語派に属し,約 870万人の母語となっている。東マドゥラ方言と西マドゥラ方言に大別される。文字はジャワ文字に似たものを用いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドゥラご【マドゥラ語 Madurese】

アウストロネシア語族インドネシア語派に属する一言語。ジャワ島北東のマドゥラ島を本拠地とし,その周辺に位置するバウェアン島,サプディ島などのほか,ジャワ島東部のマドゥラ島移民によって話され,その使用者はほぼ600万人に達する。方言的には二つに分けられ,東部のカンゲアン島方言が上記の方言と対立する。文法的にはジャワ語に最も近く,ジャワ語にみられる敬語法もマドゥラ語に存在し,その語彙(ごい)的使分けもジャワ語とほぼ対応する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マドゥラ語の関連キーワードマドゥラ人マドゥラ族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android