コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナ・マオリ・モトゥハケ マナ・マオリ・モトゥハケ Mana Maori Motuhake; Home Rule Party

1件 の用語解説(マナ・マオリ・モトゥハケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナ・マオリ・モトゥハケ
マナ・マオリ・モトゥハケ
Mana Maori Motuhake; Home Rule Party

19世紀末から 20世紀初めにかけてニュージーランドマオリ族の政治的独立を企てた政治集団マオリ語で内政自治党の意。 1860年代の植民者との戦いに敗れ,植民者に対し徹底した不信をいだく人々が,ヨーロッパ人の文化と融合しようとするマオリ青年党とは逆に,マオリ民族独自の国民議会の確立と,先住民土地裁判所や先住民信託局の廃止を目指して政治運動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マナ・マオリ・モトゥハケの関連キーワードカラッチ小劇場運動独占資本主義バガモヨサンジカリスムターレル達延汗シナイア修道院Бургасカトン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone