コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネトー Manetho; Manethos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マネトー
Manetho; Manethos

前 300年頃活躍した古代エジプトヘリオポリスの神官,歴史家。プトレマイオス1世ソテル (在位前 323~285) の時代に全エジプトの祭司および学者の代表と目され,おそらくプトレマイオス2世の時代にギリシア語で『エジプト誌』 Aigyptiaka (3巻) を著わした。これはヨセフスやキリスト教年代史家に引用された断片でしか残っていないが,メネスからペルシアのアルタクセルクセス3世がエジプトを支配するまでのエジプトの歴史を 30の王朝に分け,古・中・新王国に3分する方法は現在も踏襲されている。しかし彼の伝える歴史年代は記念碑などの1次史料によって訂正されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マネトーの関連キーワード総合年表(アフリカ)ティニト朝カフラーヒクソス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android