マラヤ鉄道(読み)マラヤてつどう(英語表記)Malayan Railway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラヤ鉄道
マラヤてつどう
Malayan Railway

マレーシアの国有鉄道。 1885年にイギリス保護領であったペラのタイピンポートウェルドとの間に敷設されたのが最初で,以後スズとゴムの産出が増加するとともに,その輸送機関として急速に発展。ジョホールバルーからクアラルンプールイポーアロールスターを経てタイのバンコクに通じる西岸線は 1918年完成。 23年ジョホール海峡を横断する長堤によりシンガポールとも結ばれた。ヌグリスンビラン州グマスから分岐し,パハン州,ケランタン州を経てタイに通じる東岸線は 31年完成。パシルマス-コタバルー支線などを合せ,全長 2150km (1977) 。 73年にはディーゼル化完了。レールの軌間 (ゲージ) は 1000mm。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android