コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラ・ルスリ Marah Rusli

1件 の用語解説(マラ・ルスリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マラ・ルスリ【Marah Rusli】

1889‐1968
インドネシアスマトラミナンカバウ族出身の作家。パダンの貴族の家に生まれ,ブキティンギオランダ学校で学んだのちボゴールの獣医学校へ進み,1915年に卒業した。獣医として,スンバワ島に数年赴任したが,停年までの大部分はジャワのスマランで過ごした。バライ・プスタカ(オランダの設立した出版局)世代の代表的作家で,結婚をめぐる伝統と近代の相克を描いた《シッティ・ヌルバヤ》(1922)は,インドネシア近代文学の先駆的作品であり,現在も広く愛読されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラ・ルスリの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派トバ湖マレー語スマトラスマトラ沖地震スマトラタイガーガルーダ・インドネシア航空機事故スマトラ沖大地震・津波インドネシアの先住民

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone