マリオ ソアレス(英語表記)Mario Soares

20世紀西洋人名事典の解説

マリオ ソアレス
Mario Soares


1924.12.7 -
ポルトガル政治家
元・ポルトガル首相。
リスボン生まれ。
政治家で学者のロペス・ソアレスの息子。リスボン大学で法学を学び、卒業後反サラザール運動に参加。投獄を繰り返し1970年国外亡命、’73年フランスでポルトガル社会党を結成し書記長となる。’74年革命後帰国し臨時政府の外相を務め、一時下野するが’76〜78年、’83〜85年首相を務め経済危機を切り抜け、’86年左翼統一候補として大統領に選出される。著書に「猿ぐつわをはめられたポルトガル」(’72年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マリオ ソアレス

生年月日:1924年12月7日
ポルトガルの政治家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android