コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリヌス・ファン・レイメルスウェーレ Marinus van Reymerswaele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリヌス・ファン・レイメルスウェーレ
Marinus van Reymerswaele

[生]1493頃.ゼーラント
[没]1570頃
オランダの画家。 N.ツィーリクゼに学び,1509年にアントウェルペンの S.ファン・デーレの工房に入った。その後 Q.メツィスやドイツ絵画の影響を受けてマニエリスム様式を展開。作品は銀行家,商人,税徴集人などの肖像画が多い。特に『聖ヒエロニムス』 (マドリード,プラド美術館ほか) ,『両替屋とその妻』 (同) ,『収税吏』 (ロンドン,ナショナル・ギャラリーほか) の3つの主題を好んで描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マリヌス・ファン・レイメルスウェーレの関連キーワードコロンブス証言証人自己株式上原元秀畠山政長葉室光忠O一五七文帝子どもの急性胃腸炎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android