コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルケルス1世 マルケルスいっせいMarcellus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルケルス1世
マルケルスいっせい
Marcellus I

[生]?. ローマ
[没]309
ローマ出身の第30代教皇在位 306~308/308~309)。聖人。教皇マルケリヌス(在位 291/296~304)の退位後,数年の空位期間を経てあとを継いだ。ローマ皇帝ディオクレチアヌス(在位 284~305)のキリスト教徒迫害により生じた背教者に告解(→告解の秘跡)を課し,暴動を招いた。309年,平和を乱したことを理由に皇帝マクセンチウス(在位 306~312)によりローマから追放され,まもなく死亡した。遺体は埋葬のためローマに送り返された。祝日は 1月16日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルケルス1世の関連キーワード秘跡

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android