コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルタバン湾 マルタバンワン

デジタル大辞泉の解説

マルタバン‐わん【マルタバン湾】

Gulf of Martaban》ミャンマー南部、アンダマン海北部の湾。マレー半島とイラワジデルタに挟まれ、三角状の浅海が広がる。沿岸の主な港湾都市は旧首都ヤンゴンサルウィン川河口のモーラミャイン。近年、海底油田の開発が進んでいる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルタバン湾
マルタバンわん

モウッタマ湾」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルタバン湾
まるたばんわん
Gulf of Martaban

ミャンマー(ビルマ)南東部、アンダマン海北端にある三角状の浅い湾。湾奥にシッタン川、西岸にイラワディ川水系のヤンゴンラングーン)川、東岸にサルウィン川などの大河が注ぐ。夏の南西季節風が吹くときには危険な海域となる。主要港はヤンゴン川左岸のヤンゴン、サルウィン川河口のモールメイン。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルタバン湾の関連キーワードモウッタマ湾沿大陸地向斜敦士GCCトンキン湾湾岸協力会議湾流岡山豊明北直樹相楽満子