マルタバン(読み)まるたばん(英語表記)Martaban

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルタバン
まるたばん
Martaban

ミャンマー(ビルマ)南部、タニンタリー管区の港町。マルタバン湾に注ぐサルウィン川河口北岸に位置、対岸のモールメインと鉄道で連絡。モールメインに次ぐ、サルウィン、ジャイン、アタラン川複合デルタ地帯の商業、交通の中心地で、鉄道車両や陶磁器の工場がある。13世紀にはモン人がこの地方に建てた王国の都であった。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android