コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチコーティング multicoating

カメラマン写真用語辞典の解説

マルチコーティング

 レンズの表面には、通常、コーティングと呼ばれる反射防止膜が蒸着されている。最初はフッ化マグネシウムなどの層をコーティングしていたが、旧ミノルタが2種類の層を重ねて蒸着する「アクロマチックコーティング」を開発。これによって、レンズの表面反射が大幅に減り、透過率が増えたために、レンズ表面が緑色に見えた。また、カール ツァイスはそれ以上の層をコーティングする技術を戦前から持っていた。その後、ペンタックスが7層ものコーティング膜を蒸着する「スーパーマルチコーティング」(SMC)、カール ツァイスが独自の色再現をするT*コーティングなどを開発。汚れのつきにくい、撥水・撥油性能までもつレンズも現れている。いまではマルチコーティング=多層膜コーティングは常識になっている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

マルチコーティングの関連キーワードMCプロテクターカメラ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android