コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロロス憲法 マロロスけんぽう

1件 の用語解説(マロロス憲法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マロロスけんぽう【マロロス憲法】

1899年に制定されたフィリピンで最初の憲法。正式名称はフィリピン共和国憲法。フィリピンでは1896年8月からスペインの植民地支配を打倒する独立革命が開始され,アギナルド大統領とする革命政府は,98年9月ルソン島中部のブラカン州マロロス町で革命議会(通称マロロス議会)を開催した。同議会は大地主,大商人,弁護士などの大資産家階級に牛耳られ,彼らは革命の指導権を自らの統制下に置くために,議会の権限を絶対化した憲法制定を急いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マロロス憲法の関連キーワードタガログ語フィリピン海フィリピン海溝比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染フィリピンと中国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone