コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンション関連3法 まんしょんかんれんさんぽう/まんしょんかんれん3ぽう

1件 の用語解説(マンション関連3法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マンション関連3法

改正区分所有法(2003年6月施行)、マンション建て替え円滑化法(02年12月施行)、マンション管理適正化推進法(01年8月施行)、の3つの法律をマンション関連3法と呼ぶ。分譲マンションは、全国で約410万戸、約1100万人が居住する住宅形態になっている。建て替えや大規模修繕の目安になる、入居してから35年以上経過したマンションが約12万戸程度あり、今後急速に拡大すると想定されている。適正な管理を支援するためのマンション管理士の資格や管理会社の登録制度、建て替えに関する手続き等を円滑にするための仕組み、実際の建て替え事業に関する制度などが、この3つの法律の主な内容になっている。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンション関連3法の関連キーワード区分所有権区分所有者区分所有法区分所有定期総会・臨時総会特定承継人マンション建替組合マンションの建て替え分譲マンションの管理組合区分所有建物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone