コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジュウヒトデ(饅頭海星) マンジュウヒトデ Culcita novaeguineae

1件 の用語解説(マンジュウヒトデ(饅頭海星)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マンジュウヒトデ【マンジュウヒトデ(饅頭海星) Culcita novaeguineae】

ヒトデ綱コブヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。別名ウミバコ。沖縄以南,西太平洋,インド洋サンゴ礁にすむ。一般のヒトデ類と著しく異なった形をしていて,かなり重い。体は直径20cmほどのほぼ円形に近い五角形。背部は丸く膨らみ,あらい顆粒(かりゆう)が一面にあってざらざらし,青色,緑色,黄色などの地に濃淡の円形斑紋が同心円状に並んでいる。体の腹面は黄褐色で平たいが,やや大きな顆粒が密生する。口を中心にして,はっきりした5本の放射状の歩溝がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンジュウヒトデ(饅頭海星)の関連キーワードアカウニ棘皮動物赤海星糸巻海星鬼海星蜘蛛海星手蔓藻蔓人出八手海星海星

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone