コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクレウオ Encheliophis sagamianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクレウオ
Encheliophis sagamianus

アシロ目カクレウオ科の海水魚。全長 20cm。体は側扁して細長く,尾部は特に細い。鱗,腹鰭を欠く。体は淡灰色で一面に小褐色点が密に分布する。フジナマコなどの腸内に隠れる奇習で知られる(→共生)。富山県東京湾相模湾浅海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カクレウオ

カクレウオ科の魚。全長20cmに達する。しりびれは背びれより高く,胸びれの下から始まる。体は淡い灰色で褐色の小斑点が散在。本州中部〜南部に分布。底生性でフジナマコやときに大型のヒトデの腸内にすむ。
→関連項目ナマコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カクレウオ
かくれうお / 隠魚
messmate pearlfish
[学]Encheliophis sagamianus

硬骨魚綱アシロ目カクレウオ科に属する海水魚。日本海側では富山県、太平洋側では千葉県以南、小笠原諸島(おがさわらしょとう)に分布する。体はウナギ状に延長するが側扁(そくへん)し、尾端は鋭くとがる。肛門(こうもん)は喉部(こうぶ)に開き、鱗(うろこ)や腹びれがないことが特徴。背びれと臀(しり)びれは、体の前部から始まって尾びれに連続する。体色は淡灰色で褐色の小斑点(はんてん)がやや密に散在する。全長20センチメートル。水深30~100メートルまでの砂礫(されき)底にすみ、フジナマコ、オキナマコ、トラフナマコなどの腸内に隠れる珍しい習性がある。夜行性で、昼間はナマコの体内に潜み、夜になると出て遊泳し、小形甲殻類などを食べる。ナマコが水を排出するため、肛門を開いたときに頭から潜り込むが、肛門が閉じているときは細い尾の先端を差し入れ、体をねじりながら強引に潜入する。
 1匹のナマコに数匹が隠れていることもある。普通ナマコに危害を与えることはないが、なかには宿主の内臓を食べる種類もいる。底引網でとれることがあるが、利用価値はない。日本の沿岸から6属13種ほど報告されている。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カクレウオの関連キーワードカクレウオ(隠魚)ボウズカクレウオ片利共生寄生魚発音魚隠れ魚藤海鼠隠魚

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android