コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンソン孤虫症 まんそんこちゅうしょう

家庭医学館の解説

まんそんこちゅうしょう【マンソン孤虫症】

 マンソン裂頭条虫(れっとうじょうちゅう)の幼虫が寄生しているヘビ、カエル、ニワトリの肉を生(なま)や加熱不十分な状態で食べて感染します。
●症状
 幼虫のいる部分に腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)ができ、移動します。腫瘤は腹部に多くでき、胸部、鼠径部(そけいぶ)、目、手足、乳房に発生することもあります。
 心臓や脳に寄生し、重症になることもあります。
●治療
 成虫寄生の場合は、プラジカンテルを1、2回内服します。孤虫(こちゅう)寄生の場合は、手術をして虫体を摘出(てきしゅつ)します。効果が確実とはいえませんが、プラジカンテルやメベンダゾールの内服が3~5日行なわれることもあります。
●予防
 ニワトリのささ身、食用カエル、ヘビ肉の生食や生血の飲用のような「ゲテモノ食い」などはやめましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

マンソン孤虫症の関連キーワード輸入感染症と皮膚の病変

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android