コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダレーヒル マンダレーヒルMandalay Hill

2件 の用語解説(マンダレーヒルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンダレーヒル【マンダレーヒル】
Mandalay Hill

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーの旧王宮(マンダレー王宮)北東に位置する丘。丘全体が寺院の領域で占められているマンダレーの聖地で、高さ230mの丘の頂上は広いテラスになっており、中央の塔には仏像が安置されている。この丘で最も有名な仏像が、チーク材の巨木を彫って全体を金箔で覆った、高さ8mの「予言を与え給う仏陀」像である。山頂のテラスからは、マンダレーの市街や旧王宮が一望できる。◇マンダレーヒルから眺める美しい夕景は、多くの観光客から絶賛されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マンダレー‐ヒル(Mandalay Hill)

ミャンマー中部の都市マンダレーにある丘。市街中心部の北東に位置する。標高236メートル。丘全体が聖地であり、全身金箔で覆われた高さ8メートルの仏像を納めるビャーデイペーパゴダをはじめ、多数の仏塔がある。頂上部の展望台からは、イラワジ川や碁盤目状に区画されたマンダレー市街、旧王宮などを一望できる。マンダレー丘陵

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンダレーヒルの関連情報