マーク ノップラー(英語表記)Mark Knopfler

現代外国人名録2012の解説

マーク ノップラー
Mark Knopfler


国籍
英国

専門
ミュージシャン

グループ名
旧グループ名=ダイアー・ストレイツ〈Dire Straits〉

経歴
父はユダヤ系ハンガリー人建築家。10代の頃からギターを弾き始め、1977年弟のデビッドらとダイアー・ストレイツを結成、’78年アルバム「ダイアー・ストレイツ(悲しきサルタン)」でデビュー。同作所収のシングル「悲しきサルタン」がオーストラリアで支持され、続いてヨーロッパ、米国でも人気を獲得。’85年6枚目のアルバム「ブラザーズ・イン・アームス」と、そのシングル「マネー・フォー・ナッシング」が全世界で通算2500万枚を売り上げる大ヒットとなり、不動の人気と地位を確立。一方、表現力に溢れ、哀調を帯びたギタープレイが高く評価され、ボブ・ディラン、スティーリー・ダン、ブライアン・フェリーなど多くのミュージシャンのレコーディングやライブに参加。’95年バンドを解散し、ソロに転向。2000年アルバム「セイリング・トゥ・フィラデルフィア」がヒット。また、レコード・プロデュース、「キャル」「プリンセス・ブライド・ストーリー」「ワグ・ザ・ドッグ」といった映画サウンドトラックを手掛けるなど多方面で活躍。2004年アルバム「シャングリラ」を発表。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android