シャングリラ(英語表記)Shangri-la

翻訳|Shangri-la

大辞林 第三版の解説

シャングリラ【Shangri-la】

理想郷。イギリスの小説家ジェームス=ヒルトンの「失われた地平線」中、仏教徒のユートピアであるシャンバラをモデルにして描かれたユートピア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャングリラ
しゃんぐりら / 香格里拉

中国、雲南(うんなん)省北西部の県級市。人口14万5265(2011)。長江(ちょうこう)(揚子江(ようすこう))水系の金沙江(きんさこう)の支流に沿い、迪慶(デチェン)チベット族(蔵(ツァン)族)自治州の州政府所在地である。市政府の所在地は建塘(けんとう)鎮。清(しん)代に中甸(ちゅうでん)庁が置かれ、1913年に中甸県となった。2001年シャングリラ県と改称。名はJ・ヒルトンの小説『失われた地平線』に描かれたチベット山中の理想郷に由来する。2014年市制施行。
 横断山脈の谷を伝ってチベットに通じる交通路上に位置し、雲南の茶とチベット高原の毛皮との交易地の一つとなっている。付近の特産物として、鹿茸(ろくじょう)、じゃ香、貝母(ばいも)、冬虫夏草といった漢方薬材があり、同地はその集散地でもある。また、獰猛(どうもう)なチベット犬の産地として知られる。市街近郊に迪慶シャングリラ空港がある。
 ソンツェリン寺、虎跳峡(こちょうきょう)などの名勝・旧跡がある。市南部の哈巴雪山(はばせつざん)は、変化に富む地形と多様な気候によって美しい自然景観をなし、一帯を金沙江、瀾滄江(らんそうこう)(メコン川上流)、怒江(どこう)(サルウィン川上流)の三つの川が並行して流れている(三江併流)。2003年、哈巴雪山を含む三江併流地域は、「雲南三江併流の保護地域群」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

シャングリラ

[一] (Shangri-la) 理想郷。地上の楽園。
[補注]ヒルトン(J. Hilton)の小説「失われた地平線」(一九三三)中の架空のユートピアから。
[二] (香格里拉) 中国雲南省北西部、チベット族自治州迪慶(デチェン)の州都。また、県名。世界自然遺産、三江併流(長江・メコン川・サルウィン川の上流部)への玄関口。旧称、中甸(チュウデン)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシャングリラの言及

【シャンバラ伝説】より

…20世紀に入ってからは,ロシアの神秘思想家レーリヒが本格的にシャンバラ思想を展開し,ソ連とアメリカの和解と心霊的な世界連邦樹立を目指して活動した。そのため,アメリカではこの名がユートピアの同義語となり,J.ヒルトンの小説《失われた地平線》(1933)に描かれたチベット山中の理想郷シャングリラShangri‐Laのモデルともなった。のちF.D.ローズベルトはメリーランドの大統領別邸(現在のキャンプ・デービッド)を,平和への希求を込めてシャングリラと名づけた。…

【楽園】より

…それは人知れぬ渓流をさかのぼったところに隠された常春の秘境である。またより近くはJ.ヒルトン作《失われた地平線》(1933)の舞台とされたシャングリラShangri‐Laがある(シャンバラ伝説)。チベット語で〈肉切包丁の峠道〉を意味するというが,ここは険阻な細い峠道をたどってようやく到達できる秘境であった。…

※「シャングリラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シャングリラの関連情報