コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライアン ブライアン Bryan, Sammuel M.

11件 の用語解説(ブライアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライアン
ブライアン
Bryan, Sammuel M.

[生]1846.2. オハイオ
[没]?
日本政府雇のアメリカの郵便事業家。本国で郵便局長をつとめ,厚遇を期待して来日,アメリカ公使 C.デ・ロングの斡旋で 1873年2月,大蔵省駅逓寮雇となる。日米郵便交換条約の締結,次いで万国郵便条約への加盟に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブライアン
ブライアン
Bryan, William Jennings

[生]1860.3.19. イリノイセーレム
[没]1925.7.26. テネシーデートン
アメリカの政治家。 1883年弁護士。 91年下院議員。 96年には銀貨の無制限鋳造を掲げて南・西部の農業地帯を地盤に民主党,人民党,銀貨党連立の大統領候補に指名されたが落選。次いで 1900,08年の大統領選挙戦でも敗北した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブライアン
ブライアン
Bryan

アメリカ合衆国テキサス州南東部の都市。綿花,牧草,野菜などを産する農業地帯の中心地。酪農,養鶏が行われ,綿実油などの食品加工業も盛ん。テキサス農工大学 (1876創立) ,州農事試験場などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブライアン

米国の政治家。銀の自由鋳造,西部・南部農民層の利益増進等を主張して3度民主党から大統領選挙に出馬。1913年ウィルソン大統領の国務長官となったが,第1次大戦参戦に反対して1915年辞職。
→関連項目ポピュリスト党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブライアン Bryan, Samuel Magill

1847-1903 アメリカの郵便局員。
1847年9月20日生まれ。明治5年(1872)来日,翌年横浜郵便局の外国郵便課長となる。日米郵便交換条約などを締結し,10年の万国郵便条約加盟の折衝にあたる。また日本人職員に外国郵便の実務を指導した。15年帰国。1903年1月23日死去。55歳。オハイオ州出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ブライアン

没年:1903.1.23(1903.1.23)
生年:1847.9.20
明治期に来日したお雇い外国人アメリカ人郵便事業家。米国オハイオ州カディズで大工の子として生まれ,職を転々としたあとワシントンの国庫証券局の官吏となる。1872年に年俸1600ドルに昇給するがこれをなげうち,さらに高給を得る職を求め同年来日。米公使デ・ロングの紹介状を携え駅逓頭前島密 に面談を求め,翌明治6(1873)年駅逓寮に年5400ドルで雇用される。当時,国内には英米仏の郵便局があり,まず同年8月日米郵便交換条約を締結し(1875年に施行),米局を撤退させ外国郵便の第一歩を切り開き,さらに上海日本局の開設など黎明期の外国郵便の業務に尽くす。15年12月1日の帰国に際し,特に天皇に拝謁を許され勲4等旭日章を賜る。ラックストンにて死去。

(澤護)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

ブライアン


芸名
ブライアン

性別
男性

身長
180cm

靴のサイズ
27.5cm

職種
モデル

プロフィール
モデルとして活動する。主な出演は、カタログ『瀧本』、スチールテラス グランツ』など。今後の活躍が期待される。

代表作品
カタログ『瀧本』 / スチール『テラス グランツ』

ブライアン


芸名
ブライアン

性別
男性

身長
180cm

職種
モデル

プロフィール
1990年生まれ。アメリカと日本のハーフ日本語と英語での会話が可能。タレント、モデルとして活躍している。主な出演作は、NHK『天てれ』『紅白歌合戦』、イベント『愛・地球博ジャパンデー式典』『花博「Share the World」』、雑誌『メンズノンノ』『smart』『POPEYE』、スチール『CASVA』、『「マツダプレマシー」デモ歌唱』、『SONYベガ・声録』他多数。

代表作品
NHK『天才てれびくん』 / 雑誌『メンズノンノ』 / スチール『CASVA』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブライアン【William Jennings Bryan】

1860‐1925
アメリカの政治家。イリノイ州に生まれ,大学卒業後弁護士を開業。ネブラスカ州に移り,1890年合衆国下院議員に当選。96年民主党全国大会で,金権政治を非難する〈黄金の十字架〉演説を行い,大統領候補に指名された。西部農民の立場を代表して銀貨の無制限鋳造(フリーシルバー)を唱え,〈働く人民大衆〉による政権奪取を訴えたが,共和党候補W.マッキンリーに敗れた。1900年にも民主党大統領候補となってフィリピン併合に反対する反帝国主義を唱え,08年にも出馬したが,いずれも敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライアン
ぶらいあん
William Jennings Bryan
(1860―1925)

アメリカ合衆国の政治家。イリノイ州に生まれる。1887年ネブラスカ州に移り、弁護士業のかたわら、政治活動に参加。90年連邦下院議員に選出(1891~95)。民主党内の銀貨無制限鋳造派(フリー・シルバー派)の指導者として台頭。96年民主党全国大会において、金単本位制に反対する「金の十字架」演説により大統領候補に指名され、ポピュリスト(人民党)の指名をも受けて、共和党のマッキンリーと戦ったものの敗北。1900年、08年にも出馬したが、いずれも敗北した。12年ウィルソンの民主党大統領候補指名を支援した。ウィルソン政権の国務長官に就任したが、第一次世界大戦に際し厳正中立を唱えてウィルソンと対立、15年に辞任した。晩年は、進化論教育反対を唱えて「猿裁判」(スコープス裁判)で検察側にたつなど、そのファンダメンタリスト根本主義者)としての立場をあらわにした。[横山 良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

ブライアン
Brian


国籍
米国

専門
歌手

本名
Brian Thomas〉 ブライアン〈Littrell リトレル

グループ名
グループ名=バックストリート・ボーイズ〈Backstreet Boys〉

生年月日
1975/2/20

出生地
米国 ケンタッキー州レキシントン

経歴
1993年フロリダ州オーランドオーディションで出会ったA.J.ニックハウィー・Dの3人が結成したダンスボーカルグループ、バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys,BSB)に、従兄のケビンとともに加わり、男性5人組グループとして’94年「ゴーイン・オン」で全米デビュー。’96年デビューアルバム「バックストリート・ボーイズ」がドイツのチャートで初登場1位を獲得、その後日本や米国でも人気を得る。’99年3枚目のアルバム「ミレニアム」は全世界で3500万枚を売り上げ、25ケ国でチャート1位を獲得。2000年グラミー賞では5部門にノミネートされる。グループとしての充電期間を経て、2005年5年ぶりにアルバム「ネヴァー・ゴーン」をリリース。2006年6月最年長のケビンが脱退し、4人組に。他のアルバムに「ブラック&ブルー」「アンブレイカブル」「ディス・イズ・アス」など。来日多数。

受賞
アメリカンミュージック・アワード(ポップロック部門バンド賞)〔2001年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブライアンの言及

【スコープス裁判】より

…そのためデートンという小さな町の高校の生物学教師スコープスJohn T.Scopesは進化論を教えて逮捕され,7月に裁判が行われた。これが一躍全米の注目を集めたのは,3回も大統領候補に指名され,国務長官を務めたこともあるW.J.ブライアンが検察側に,当代一流の弁護士ダローClarence S.Darrow(1857‐1938)が弁護側に加わったためである。ブライアンはダローの追及に混乱したが,聖書を文字どおり信奉するプロテスタント正統派の勢力は強大で,判決は有罪100ドルの罰金であった。…

【ポピュリスト党】より

…ポピュリスト党は連邦議会にも議員を出してはいるが,どちらかといえば,連邦政治よりも西部と南部の州政治のほうで大きな影響力をもった。1896年の選挙に際しては,民主党候補で銀貨自由鋳造を主張するW.J.ブライアンを同党の大統領候補に指名したが,ブライアンの敗北はポピュリスト党を二分する結果となり,ちょうど農村景気が回復してきたこととも重なって,党勢力は急速に失墜に向かった。しかし,ポピュリストの改革案の多くは,まもなくプログレッシビズムの時代に入ると,二大政党の手によって次々と実現された。…

【民主党】より

…しかし,その〈平等〉と黒人奴隷制という基本的矛盾はやがて民主党を分裂させ,60年の選挙で新興産業資本と西部農民層との連携をはかったリンカンの下の共和党に政権を譲り,南北戦争における南部の敗北とともに,南部にたてこもる万年少数党というイメージをもたれるにいたった。事実,民主党は60年以来1932年の選挙まで,1896年の選挙で西部出身の〈庶民〉の代表W.J.ブライアンの農民層への強力な訴えなどがあったものの,S.G.クリーブランドの2回,T.W.ウィルソンの2期を別とすれば,政権をとれず,共和党が自由放任主義の下で高度成長期のアメリカ社会を支配していた。ただし,その間民主党が中心的支持基盤を南部から北部大都市へと移行させ,多数形成への基礎をつくりつつあったことは注目してよい。…

※「ブライアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブライアンの関連キーワードポートブライアブライアント法案ブライアーサニーブライアントライアングル インディゴトライアングル ジンジャートライアングル スムースナリタブライアンメジロライアンレイ・ブライアント・トリオ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブライアンの関連情報