コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーチソン滝(読み)マーチソンだき(英語表記)Murchison Falls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーチソン滝
マーチソンだき
Murchison Falls

ウガンダ北西部のビクトリアナイル川下流部にある滝。カバレガ滝ともいう。モブツセセセコ湖に注ぐ約 32km手前に位置する。階段状の 3滝からなり,最上流の滝とモブツセセセコ湖との落差は約 120m。最下流の滝は幅わずかに 6mで,岩の割れ目から 50m下の滝壺に落下する。1860年代中頃イギリスのサミュエル・W.ベーカーが到達,地質学者ロデリック・I.マーチソンにちなんで命名された。マーチソン滝国立公園(面積約 3895km2。1952指定)の中心的景観をなす。周辺にはゾウ,バッファロー,キリンなど野生動物が多く生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マーチソン‐たき【マーチソン滝】

Murchison Falls》ウガンダ西部、ビクトリアナイルの下流にかかる滝。アミン政権時代の旧称カバレガ滝。アルバート湖キョーガ湖の間に位置する。最大落差約120メートル。周辺一帯はマーチソン滝国立公園に指定されている。名称は英国の地質学者ロデリック=マーチソンにちなむ。マーチソンフォールズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マーチソン滝【マーチソンたき】

ウガンダ北西部,ビクトリア・ナイルの下流,アルバート湖の東35kmにある滝。幅60m,落差120m。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマーチソン滝の言及

【アルバート[湖]】より

…ナイル川の水源調査隊の一つ,S.ベーカー夫妻によって1864年3月に発見され,ビクトリア女王の夫君の名をとって命名された。北東端部にビクトリア・ナイルが注ぐが,流入直前の落差120mにおよぶマーチソン滝を中心に広い国立公園が設けられている。かつて多く生息していたワニとカバは減少したが,魚類は豊富で,年平均水揚高は1万2000tあり,国民の重要なタンパク源の一部となっている。…

※「マーチソン滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android