コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーチソン滝 マーチソンだきMurchison Falls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーチソン滝
マーチソンだき
Murchison Falls

ウガンダ北西部のビクトリアナイル川下流部にある滝。カバレガ滝ともいう。モブツセセセコ湖に注ぐ約 32km手前に位置する。階段状の 3滝からなり,最上流の滝とモブツセセセコ湖との落差は約 120m。最下流の滝は幅わずかに 6mで,岩の割れ目から 50m下の滝壺に落下する。1860年代中頃イギリスのサミュエル・W.ベーカーが到達,地質学者ロデリック・I.マーチソンにちなんで命名された。マーチソン滝国立公園(面積約 3895km2。1952指定)の中心的景観をなす。周辺にはゾウ,バッファロー,キリンなど野生動物が多く生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マーチソン‐たき【マーチソン滝】

Murchison Falls》ウガンダ西部、ビクトリアナイルの下流にかかる滝。アミン政権時代の旧称カバレガ滝。アルバート湖キョーガ湖の間に位置する。最大落差約120メートル。周辺一帯はマーチソン滝国立公園に指定されている。名称は英国の地質学者ロデリック=マーチソンにちなむ。マーチソンフォールズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マーチソン滝【マーチソンたき】

ウガンダ北西部,ビクトリアナイルの下流,アルバート湖の東35kmにある滝。幅60m,落差120m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のマーチソン滝の言及

【アルバート[湖]】より

…ナイル川の水源調査隊の一つ,S.ベーカー夫妻によって1864年3月に発見され,ビクトリア女王の夫君の名をとって命名された。北東端部にビクトリア・ナイルが注ぐが,流入直前の落差120mにおよぶマーチソン滝を中心に広い国立公園が設けられている。かつて多く生息していたワニとカバは減少したが,魚類は豊富で,年平均水揚高は1万2000tあり,国民の重要なタンパク源の一部となっている。…

※「マーチソン滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone