コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーミン=シビリャーク Mamin-Sibiryak, Dmitrii Narkisovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーミン=シビリャーク
Mamin-Sibiryak, Dmitrii Narkisovich

[生]1852.11.6. スベルドロフスキー
[没]1912.11.15. ペテルブルグ
ロシアの小説家。シビリャーク (シベリア人の意) は筆名。司祭の家に生れ,神学校卒業後,1875年から文筆活動に入った。主要なテーマは,ウラル地方の資本主義の発達と,それに伴う貨幣の人間支配,道徳的退廃で,『プリバーロフの巨富』 Privalovskie milliony (1883) ,『ウラル物語』 Ural'skie rasskazy (88~89) はその代表作。ほかに自伝的色彩の濃い長編『ペプコの生涯の物語』 Cherty iz zhizni Pepko (94) や,児童向けの『アリョーヌシカのおとぎ話』 Alënushkiny skazki (94~97) が知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マーミン=シビリャークの関連キーワードノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)アルムクビストエッケルトガビンズコンドルシーボルトシュマッケルディッセ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android