コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーミン=シビリャーク マーミン=シビリャークMamin-Sibiryak, Dmitrii Narkisovich

1件 の用語解説(マーミン=シビリャークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーミン=シビリャーク
Mamin-Sibiryak, Dmitrii Narkisovich

[生]1852.11.6. スベルドロフスキー
[没]1912.11.15. ペテルブルグ
ロシアの小説家。シビリャーク (シベリア人の意) は筆名。司祭の家に生れ,神学校卒業後,1875年から文筆活動に入った。主要なテーマは,ウラル地方の資本主義の発達と,それに伴う貨幣の人間支配,道徳的退廃で,『プリバーロフの巨富』 Privalovskie milliony (1883) ,『ウラル物語』 Ural'skie rasskazy (88~89) はその代表作。ほかに自伝的色彩の濃い長編『ペプコの生涯の物語』 Cherty iz zhizni Pepko (94) や,児童向けの『アリョーヌシカのおとぎ話』 Alënushkiny skazki (94~97) が知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マーミン=シビリャークの関連キーワード河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里科学史ビルマ戦争明治大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone