コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーリーズ マーリーズ Mirrlees, James A.

2件 の用語解説(マーリーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーリーズ
マーリーズ
Mirrlees, James A.

[生]1936.7.5. スコットランド,ミニガフ
イギリスの数学者。 1957年エディンバラ大学で数学修士号を取得。 63年ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号を取得。オックスフォード大学教授 (1969~95) を経てケンブリッジ大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーリーズ
まーりーず
James Alexander Mirrlees
(1936― )

イギリスの公共経済学者。スコットランド南西部のミニガフ近郊に生まれる。エジンバラ大学で数学の修士号、ケンブリッジ大学で経済学の博士号を取得。オックスフォード大学教授を務めたのち、1995年からケンブリッジ大学教授。1996年にW・ビッカリーとともにノーベル経済学賞を受賞した。受賞理由は「情報の非対称性のもとで、情報がどのように経済的な誘引(incentives)をもたせるかという理論の基礎を築い」たことである。
 ビッカリーの所得税の基本モデルを発展させ、所得税と間接税のあり方を考察した「最適課税理論」を打ち出した。1971年には、もっとも公平な所得税のあり方を突き詰めると均一税制になるとの論文を発表し、学会に衝撃を与えた。また同理論を、情報の非対称性のもとで、いかに経済的な誘引を与えるかという「情報とインセンティブの理論」に発展させ、保険契約で被保険者の故意によって起きるモラル・ハザード問題の研究などに大きな成果を残した。[金子邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーリーズの関連キーワードスコットランドヤードスコッチツイード蘇格蘭スコット記念碑ゼットランド諸島Highlandsスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団スコッチ炭スコットランド風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーリーズの関連情報