コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカエル6世 ミカエルろくせいMichael VI Stratioticus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカエル6世
ミカエルろくせい
Michael VI Stratioticus

ビザンチン皇帝 (在位 1056~57) 。高級官吏出身。女帝テオドラの死後,即位。しかし文官政権に反発した軍人貴族イサキウス・コムネヌス (ギリシア名イサキオス・コムネノス) が小アジアパフラゴニアで反対皇帝を名のり (57) ,反皇帝軍の首都コンスタンチノープル入城後,総主教ミカエル・ケルラリオスのすすめにより,1057年8月末に退位修道士となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android