コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサ典書 ミサてんしょmissal

翻訳|missal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサ典書
ミサてんしょ
missal

ミサ挙行のために直接必要なすべての事項を収録した書物で,司祭が祭壇上で用いる。主として各種の祈祷文,聖書からの抜粋から成る。その起源は5世紀初頭までさかのぼるが,教皇ピウス5世が 1570年公布したものに基づくものが第2バチカン公会議後の典礼刷新まで用いられた。公会議後,著しく変更された。なお信徒の用いるものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミサ典書
みさてんしょ
missaleラテン語

カトリック教会のミサ聖祭に用いられる祈祷書(きとうしょ)。そのなかには典礼法規、聖歌、朗読、典礼文を含んでいる。ローマ・カトリック教会で使われるものを「ローマ・ミサ典書」missale Romanumという。その構成は、クリスマス、復活、聖霊降臨など教会暦に従ってどんなミサでも使われる祈りの部分と、主日や平日や祝日によって変わる部分の、二部からできている。バチカン第二公会議(1962~65)前はラテン語が用いられたが、公会議以後は各国の国語が用いられている。この典書は公式のミサに使われてきたために、昔から芸術的に価値のある装飾が施され、キリスト教文化の結晶でもあった。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミサ典書の関連キーワードジローラモ・ダ・クレモーナクルス・イ・ソウザユダヤ演劇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミサ典書の関連情報