コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサ典書 ミサてんしょ missal

翻訳|missal

2件 の用語解説(ミサ典書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサ典書
ミサてんしょ
missal

ミサの挙行のために直接必要なすべての事項を収録した書物で,司祭が祭壇上で用いる。主として各種の祈祷文,聖書からの抜粋から成る。その起源は5世紀初頭までさかのぼるが,教皇ピウス5世が 1570年公布したものに基づくものが第2バチカン公会議後の典礼刷新まで用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミサ典書
みさてんしょ
missaleラテン語

カトリック教会のミサ聖祭に用いられる祈祷書(きとうしょ)。そのなかには典礼法規、聖歌、朗読、典礼文を含んでいる。ローマ・カトリック教会で使われるものを「ローマ・ミサ典書」missale Romanumという。その構成は、クリスマス、復活、聖霊降臨など教会暦に従ってどんなミサでも使われる祈りの部分と、主日や平日や祝日によって変わる部分の、二部からできている。バチカン第二公会議(1962~65)前はラテン語が用いられたが、公会議以後は各国の国語が用いられている。この典書は公式のミサに使われてきたために、昔から芸術的に価値のある装飾が施され、キリスト教文化の結晶でもあった。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミサ典書の関連キーワード経費茶道具安定多数諸行贅沢品募集経費愛はすべての上にすべての石の下に全部事項証明書《すべては恋のために》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミサ典書の関連情報