コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖霊降臨 せいれいこうりんPentecost

翻訳|Pentecost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖霊降臨
せいれいこうりん
Pentecost

イエス・キリストの復活(→キリストの復活)後 50日目(ユダヤ教の五十日祭の日。五旬節)に聖霊が,集まった使徒たちの上に降臨したこと(使徒行伝 2章以下),またそれを記念するキリスト教の重要な祝日。聖霊降臨を主題とした最初の美術表現はシリア語の『ラブラの福音書』(586,ラウレンツィアーナ図書館)の装飾挿絵で,それ以後この主題はビザンチン美術でしばしば扱われ,カロリング朝時代に西方に伝えられた。図像は構図の頂点から放射状に降りる聖霊の光線,聖母,あるいはペテロ,パウロ,ヤコブらおもだった弟子たちを中心とする十二使徒,これを見守る諸国から集まった人々からなる。プラド美術館所蔵のエル・グレコの作品(1610頃)などが特に有名。(→キリスト教美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖霊降臨の関連キーワードザルツブルク・バロック聖霊降臨祭音楽祭ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭ウェニ・サンクテ・スピリツスカラヤン記念聖霊降臨祭音楽祭ライプツィヒ・バッハ音楽祭チャーチ・オブ・ゴッド教団アンネ・ゾフィー ムターフィリップ ラーキンサン・マルコ大聖堂ペンテコステ運動フィンランド文学キリスト教会暦エヒテルナハペンテコステゲーテ協会ウェスリー聖霊降臨祭ミサ典書ラーキン樹木崇拝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android