コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズオトギリ Triadenum japonicum (Bl.) Makino

2件 の用語解説(ミズオトギリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミズオトギリ【Triadenum japonicum (Bl.) Makino】

湿地に生え,高さ30~70cmになるオトギリソウ科多年草イラスト)。茎は直立して下部が赤紫色を帯び,地下に細長い地下茎をのばす。葉は長楕円形で対生し,葉柄がなく,長さ3~7cm,透かすと透明な細点が見える。8~9月ころ,葉腋(ようえき)に短い柄のある淡紅色の花を1~3個ずつつける。花は直径1cm内外,5枚の萼片と,5枚の花弁がある。おしべは9本のおしべが3個ずつ花糸で合生した3個の雄蕊(ゆうずい)群からなり,各雄蕊群の間に各1個の腺体がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズオトギリ
みずおとぎり / 水弟切
[学]Triadenum japonicum (Bl.) Makino

オトギリソウ科の多年草。地下茎を伸ばして広がる。地上茎は直立し、高さ30~70センチメートル。葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で長さ3~8センチメートル、先は丸く、明点があり、柄はない。夏、茎上部の葉腋(ようえき)に花序をつくり、花を3個ほど開く。花柄は葉より短く、花は淡紅色で径1センチメートル、午後開いて夕方しおれる。雄しべは9本で、3本ずつ集まり、中央部まで合着する。雄しべに互生して3個の腺体(せんたい)がある。(さくか)は卵形。名は、水生のオトギリソウの意味。沼地や湿地に生え、日本、および朝鮮半島、中国東北部、ウスリーに分布する。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミズオトギリの関連キーワードサケ・マス出世魚ダンチクムクロジアル・カッサムカッサム土俵アイ(藍)アマリリスイソギンチャク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone