コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズトラノオ Eusteralis yatabeana (Makino) Murata

2件 の用語解説(ミズトラノオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミズトラノオ【Eusteralis yatabeana (Makino) Murata】

低湿地に生えるシソ科の多年草イラスト)。茎は長く横にはう地下茎から立ち上がって,高さ30~50cm,やわらかく,節から4枚ずつ葉を輪生するが,まれに3枚のこともある。葉は広線形でほとんど葉柄がなく,長さ3~7cm,幅2~5mm,やわらかくて毛がない。花は8~10月ころ茎の先端に円柱状の花穂を作って密につき,下から上の方に向かって順に咲いていく。萼は5裂し,苞とともに軟毛がある。花冠は紅紫色で4裂し,4本のおしべは長く花外につき出て,その花糸の部分に紅紫色の毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズトラノオ
みずとらのお / 水虎尾
[学]Eustellaris yatabeana (Makino) Murata

シソ科の多年草。全体軟弱で毛はない。茎は直立して高さ30~50センチメートル、基部から細い地下茎を出す。葉は3、4枚輪生し、線形で長さ3~4センチメートル。8~10月、茎の先端に短い花穂をつくり、紅紫色花を密に開く。花は小さく、4裂し、4本の雄しべが長く突き出し、花糸は長い毛がある。湿地に生え、日本、および朝鮮半島に分布する。近縁種ミズネコノオは小形の一年草で、水田によく生える。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズトラノオの関連キーワード葵菫犬胡麻水蘭塔花浪来草水虎の尾山薄荷鈴香薷蔓夏枯草柊草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミズトラノオの関連情報