コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾカクシ(溝隠) ミゾカクシLoberia chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾカクシ(溝隠)
ミゾカクシ
Loberia chinensis

キキョウ科の小型の多年草で,アゼムシロともいう。アジアの暖温帯から熱帯まで広い分布をもつ。日本全土の田のあぜや山間の湿地に生える。茎は細く,高さ5~15cmで全体に無毛である。葉は長さ1~2cmの披針形で,左右2列に互生し低い鋸歯があって柄はほとんどない。夏から秋まで,長い柄のある紅紫色を帯びた白色の小花を次々と葉腋に単生する。花冠は5裂し,裂片は一方にかたより左右相称となる。 蒴果は短い棍棒状で,種子は凸レンズ状で赤褐色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミゾカクシ(溝隠)の関連キーワードキキョウ科ロベリア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android