ミッシャ エルマン(英語表記)Mischa Elman

20世紀西洋人名事典「ミッシャ エルマン」の解説

ミッシャ エルマン
Mischa Elman


1891.1.20 - 1967.4.5
米国のバイオリン奏者。
シュタルノエ(ロシア)生まれ。
ペテルブルグ音楽院でアウアーに師事し、ハイフェッツジンバリストミルスタインとともにアウアー門下の四天王と評された。1904年11歳ベルリンでデビュー。’08年ニューヨークにおいてロシア交響楽団と演奏し、以後世界各地を演奏旅行した。その美しく甘美な音色は「エルマン・トーン」とよばれ一世を風靡し、とりわけ小品演奏にかけては、クライスラーティボーとならんで人気を得た。3回来日。’23年米国に帰化し、ニューヨークにて没した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android