コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリノスズ ミドリノスズSenecio rowleyanus; string-of-beads senecio

2件 の用語解説(ミドリノスズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミドリノスズ
ミドリノスズ
Senecio rowleyanus; string-of-beads senecio

グリーンネックレスとも呼ばれるキク科多肉植物ナミビア原産で,細い茎がつる状に伸び,直径約 1cmの球形の葉が互生する。よく見ると,葉の表面には帯状の半透明な部分がある。茎は地面に接すると,節から発根する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミドリノスズ
みどりのすず / 緑鈴
green necklace
[学]Senecio rowleyanus Jacobsen

つる性の多肉植物。南アフリカに分布する。葉は径約1センチメートルの球状になり、細い紐(ひも)状の茎に互生して連なり、和名、英名ともこの形状に由来する。花は径約1.5センチメートルの頭状花序で、舌状花はなく、白色の管状花が多数集まる。褐紫色の雄しべが目だつ。類似種のゲンゲツ(弦月)S. radicans (L. f.) Sch. Bip.は、葉は紡錘形で湾曲し、ミカヅキネックレスの俗称がある。ともに吊(つ)り鉢に適し、乾燥に強く、灌水(かんすい)を控えれば3℃以上で越冬する。節部から自然によく発根し、挿木で容易に増殖できる。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミドリノスズの言及

【セネシオ】より

…葉が多肉化した種群が最も多く,棒状,紡錘形,球形と多様である。南アフリカ原産のミドリノスズ(グリーン・ネックレス)S.rowleyanum Jacobs.は昭和40年代後半から急速に観葉植物として広がった。葉は径1cmほどの球で,先端がとがり,茎はつる状に1m近くも伸びる。…

※「ミドリノスズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone