コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマムアクセス米 みにまむあくせすまい/みにまむあくせすらいす

知恵蔵の解説

ミニマムアクセス米

MA米」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミニマムアクセス米

93年のウルグアイ・ラウンド合意で、日本は国内の米作農家を保護するため、コメに778%の高関税をかける代わりに、一定量のコメの輸入が事実上義務付けられた。現在は米国やタイ、中国などから年間77万トンを輸入。販売価格は1トン7万~13万円だが、保管に1トン当たり年1万円かかり、毎年度200億円超の赤字が続く。

(2009-03-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミニマムアクセス‐まい【ミニマムアクセス米】

《minimum accessは、最低限輸入義務の意》日本が高関税を課して輸入を制限する代わりに、最低限輸入しなければならない量の外国米政府米として扱われる。平成5年(1993)ウルグアイラウンド農業合意による。MA米。
[補説]平成20年(2008)、ミニマムアクセス米の中で食用に適さないと判断された事故米の、食用としての転売が発覚して社会問題となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ミニマムアクセス米の関連キーワード補説

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニマムアクセス米の関連情報