コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマム・エッセンシャルズ minimum essentials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニマム・エッセンシャルズ
minimum essentials

教育用語。個々の適性や興味などにかかわりなく,すべての児童・生徒に共通に最低限教えられるべき量の教材や基本的な教育内容。 20世紀初期にエッセンシャリスト (本質主義教育派) によって教育課程の近代化が試みられた際,新しい社会に対応する基本的教育内容の抽出が試みられたのに始る。 J.デューイらに代表される経験主義教育は先験的な教育内容の設定を認めず,これを否定する立場に立つ。 (→エッセンシャリズム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミニマム・エッセンシャルズの関連キーワード童蒙先習

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android