コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニ保険 みにほけん

2件 の用語解説(ミニ保険の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ミニ保険

少額短期保険。2006年4月の保険業法改正で、保険金額が少額かつ保険期間が短期の保険の引き受けのみを行う少額短期保険業者制度が導入されたことにより生まれた保険。保険金額の上限は、入院給付金で80万円、病気による死亡で300万円、障害の死亡で600万円、家財の損害が1千万円。保険期間は、生命保険医療保険で1年、損害保険で2年。いずれも一般の保険より上限が低く、コストを抑えることが可能なことから、ペット医療保障コンサートチケット代補償、糖尿病患者向けの医療保険、自転車保険など、大手の生保・損保が手掛けにくいニッチな分野を扱う保険が多い。月額保険料が数千円程度と安く、コンビニなどで簡単に加入できる手軽さも人気となり、誕生以来、順調に加入者を増やしている。

(2012-09-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミニ保険
みにほけん

保険金額が少なく保険期間も短い保険。少額短期保険の通称である。2006年(平成18)4月に施行された改正保険業法で新たに認められたもので、通常の保険を扱う保険会社は金融庁長官による免許制(資本金が10億円以上)であるが、ミニ保険を扱う少額短期保険業者は財務局への登録制(資本金1000万円以上)である。保険期間は損害保険で2年、生命保険・医療保険で1年で、支払う保険金の総額は1000万円以下などの制限がある。また、保険契約者保護機構の対象外であるため、会社破綻(はたん)時の救済機能はない。
 第1号事業者はSBIグループのSBI少額短期保険で、その後、多くのミニ保険が設立された。2014年5月末時点で78社が事業者として各地方の財務局に登録されている。独立系事業者のほか、東京海上ミレア少額短期保険、イオン少額短期保険、旭化成ホームズ少額短期保険のように、大企業による参入も多い。保険商品としては、生命保険、医療保険のほか、地震補償保険、ペット保険、賃貸入居者用家財保険、借家人賠償責任保険、所得補償保険などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニ保険の関連キーワード保険業法保険契約者保護機構第二分野保険契約者保護基金保険業法施行規則保険業法施行令長期保険保険監督法保険業の種類少額短期保険業者

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミニ保険の関連情報