ミハイロフ(英語表記)Mikhailov, Mikhail Larionovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ミハイロフ」の意味・わかりやすい解説

ミハイロフ
Mikhailov, Mikhail Larionovich

[生]1829.1.16. オレンブルグ
[没]1865.8.15. ザバイカリエ
ロシアの詩人,革命家。官吏の家に生れた典型的な「雑階級」知識人で,早くから民主主義的な力強い詩や評論を発表。男女の平等を説いた『女性,その教育と家庭,社会におけるその意義』 Zhenshchiny,ikh vospitanie i znachenie v sem'e i obshchestve (1860) は女性解放運動の座右の書となった。 1860年代初頭の革命情勢期に H.シェルグーノフとともに檄文『若き世代へ』K molodomu pokoleniyuを書き,逮捕されシベリアの徒刑地で病死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android