コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヒラクラ ミヒラクラMihirakula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヒラクラ
Mihirakula

白フン (→エフタル ) の王 (在位 510頃~540頃) といわれる。サカラ (現在のシアールコート) を首都として,北西インドを支配し,その版図はジャムナ川の河谷からグワリオルに及んだが,グプタ朝の勢力に敗れた。仏教徒を迫害したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のミヒラクラの言及

【フーナ】より

…初期の侵略はスカンダグプタSkandagupta(在位455ころ‐470ころ)によって撃退されたが,その後も侵略を繰り返し,グプタ朝の衰退をもたらした。最盛期は5世紀末から6世紀前半に出たトーラマーナToramāṇa,ミヒラクラMihirakula父子の時代であり,その勢力はパンジャーブから中央インドにおよぶ広大なものとなった。しかし530年ごろミヒラクラは西部インドの勇将ヤショーダルマンYaśodarmanに敗れてカシミール方面に退き,フーナの栄光時代は終わった。…

※「ミヒラクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヒラクラの関連キーワード西・南アジア史(年表)ヤショーダルマンフーナ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android