コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヘルゼン ミヘルゼン Michelsen, Hans Günter

1件 の用語解説(ミヘルゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヘルゼン
ミヘルゼン
Michelsen, Hans Günter

[生]1920.9.21. ハンブルク
[没]1994.10. リーデラウ・アム・アマゼー
ドイツの劇作家。みずからの戦争体験を基盤に,一貫してドイツの「清算されざる過去」を追求した。手法には実存主義の傾向もみられる。代表作『シュティーンツ』 Stienz (1963) ,『ラップシース』 Lappschiess (64) ,『ヘルム』 Helm (65) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヘルゼンの関連キーワードハンブルマリエンブルク城レーベンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・フィルハーモニカーハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団ローテンブルク岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone